前へ
次へ

家庭内教育の必要性について

道徳や躾などは、学校で教えるべきか、家庭内で教えるべきかの話が存在します。結論から言えば、これらの内

more

介護の教育を受ける魅力とは

介護の仕事をする時に介護の資格等を取得する為に、教育を受ける必要がありますが、仮に介護職を目指さない

more

金融教育の大切さとは

資本主義の社会の中で生活をしていくには、お金が必要になりますが、日本では学校でも家庭でも金融教育が殆

more

メリットを伝えてから教育を始める

社内で新入社員に教育をしなくてはならない場合もあります。この場合は自分で様々なことを一生懸命研究して、伝えたいことを伝えるように準備をしますが、大切なことを忘れないようにしましょう。どんな部分をしっかりと伝えなくてはならないのかと言いますと、しっかりと勉強をして身に付けることによってどんなメリットがあるのか伝える部分になります。社会人になると給料をもらいながら仕事をするので、何かメリットがないとやる気にならない人も出てきてしまいます。全くメリットがないのに辛い勉強をしなくてはならないのかと感じてしまうと、それだけで仕事に対する熱意を失ってしまう場合もあるでしょう。しかし最初にメリットを伝えることによって、多少辛い教育でも、最後までしっかりと受けてくれるケースが多いです。最近は少し傾向が変わってきてはいますが、若い人の中には給料が高くなることによって、辛い研修などを耐えてしっかりとした社員として成長をしてくれるケースがあります。最初からお金のことを伝えるのは多少心苦しさを感じる人もいると思いますが、この部分も非常に重要な部分になるので、まずはしっかりと伝えるようにしましょう。最近の新入社員の人の場合は休みの部分を重視する傾向があります。プライベートをしっかりと確保したいため金銭面よりも、休みの部分をしっかりと考えている人が多くなっているからです。この場合は休みが増えると伝えるのではなく、なるべく早く自分の身にすることによって、研修を早く終えることができるなどと伝えてみると良いかもしれません。大勢の人数で行う研修の場合は、いくらしっかりとできている人がいても早めに研修を切り上げるなどの行動が難しくなってしまいますが、中小企業で少ない人数での研修または教育の場合は、期間よりも早く終えることができる可能性もあります。あまりよくないことを最初から伝えてしまうと、研修等の熱意が大きく下がってしまう可能性があるので、なるべく良いことを伝えて新入社員のやる気をしっかりと持たせてから、自分の伝えたいことを一つ一つしっかりと伝えていくようにしましょう。

発表会もあるから上達する街の小さなピアニスト
目標に向かって取り組むことができるから、上達します

未経験だけどIT業界で働きたいを叶えるプログラマー養成講座
右も左もわからなくても安心してください。
みにプロは、技術がつくまでしっかりと指導します

大阪で小学校入学後困らないよう授業をするインターナショナルスクール
集団生活をしっかりと学んでいただけます

Page Top